かずんずBAR #057

『川口潤監督と映画のおはなし その3』

川口潤監督と映画のおはなしの3回目!
川口潤さんはいかにして映画監督になったのか?
映画「77 BOADRUM」公開までの経緯、
シアターN渋谷への売り込み、その後の映画製作に至るまで。
そして、川口潤監督の「こだわり」とは。

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

おかゆのご機嫌ダンシング#052〜老いについて

老いについて話してみました。
歳を取ってもワクワクしたり、本を読んでいろんなことを楽しんでいきたい。

あと、いくつになっても品位を保っていたいと思う。先達だから、いいだろ的な人って多いよ。お稚児文化でな、昔はチヤホヤされた。そんな俺・わたしだ。年取った先輩なんだぞ!何やってもいいだろ!
良くないよ〜。

ネタ振りされた時は、もう話すことないよ〜と思ったのですが、続きで話したいことがでてきました。
それはまた別の機会に。
乞うご期待!!

メイ・サートン

出演:おかゆ

過去のご機嫌ダンシング

Play

かずんずBAR #056

『川口潤監督と映画のおはなし その2』

川口潤監督と映画のおはなしの2回目!
90年代の映像制作の現場で二十代の川口監督はどうしたか?
どのように映画づくりを始めていったか。
甲斐田祐輔監督と一緒につくった映画、役者としての活動など。

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

かずんずBAR #055

『川口潤監督と映画のおはなし その1』
ゲスト:川口潤(映画監督)
モッズカルチャーとは一体何なのか?
川口潤監督最新作「THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~」と、90年代のスペースシャワーTVの映像制作の現場についてのお話!

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

おかゆのご機嫌ダンシング#051〜善意の第三者の意見に、素直でいたい。

そう、まさに歌の通り。
Oui Je t’aimもあればNon plusもある。

突っ込まれた瞬間も、
ポポポポーポーって流れ出すようになった。万能な曲だよ。

Je t’aim moi non plus

そういえば、ジェーン・バーキンがおしっこしている動画(ていうか映画)を何本も観てる気がする。

Sebastian

若き日のおかゆが観たデレク・ジャーマン。
むき出しの美しさ。
美しいひとに矢を射る。子どもに魅せたいアート映画。

Reminiscences of a Journey to Lithuania (1972) – Jonas Mekas

ミニスカートを追いかけているようじゃ、結婚はまだ先ね。

Play

かずんずBAR #054

ゲスト:加藤悠貴(ミュージシャン)

『音とその届け方のおはなし その3』

バンドUQiYOの加藤悠貴さんとのお話。
「151A」日本横断プロジェクト、Spotifyで得られるデータ、ミレニアル世代のSNS、UQiYOの今後、Seaboardについてなど!

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

菊地さんからのご相談2。自分の気持ちに素直であるべきなのか?〜DJ yuka☆のラッキートゥナイト#645

菊地:相手の気持ちへの配慮との葛藤がある。
DJ yuka☆:自分をもっと愛しなさい!

出演:DJ yuka☆(足立区出身)
ゲスト:菊地貴公(仙台の映像ディレクター)

1つ前の回:#644 菊地さんからのご相談

Play

かずんずBAR #053

ゲスト:加藤悠貴(ミュージシャン)

『音とその届け方のおはなし その2』

バンドUQiYOの加藤悠貴さんとのお話。
元メンバー飯島和也さん、JAXA、ジェットエンジンの吸音、音楽の届け方、働き方や生き方についてなど!

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

おかゆのご機嫌ダンシング#050〜チャントに関する短い考察

飯伏幸太選手はマイクがあればもっと良い、と常々思っていた。
それは多分わたし自身がよく喋る人間で彼の言葉を聞いてみたい、と強く思って来たからだ。
ご本人やファンは、試合自体を見て欲しい、それでいいじゃないか。と言うかも知れない。でも、わたしは声を聞きたい。プロレスは世界で唯一コミュニケーションも重視するスポーツじゃないか。まして、彼は顔が語るタイプだ。
何を考えているんだろう、ずっとそう思っていた。

日本におけるチャントは一緒に歌う気になれない。
嫌でも応援しなきゃいけない、ダサい学校行事を思い出すからだ。
でも、そろそろ。
母語で歌って、感じて、ひとつになる瞬間を感じる日が来ても良いはず。

もし、彼が話さないなら、わたしが歌えばいい。

Take a deep breath,
場外戦
Swing by で加速しながら
広がる客を見下ろして…

参考資料

http://www.yspc.or.jp/buntai_ysa/category/gaiyo/

横浜文化体育館。選手が舞台から出てくるのもいいんだよね。

アルスノーも喋らない。わたしの大好きな滋味レスラー。
飯伏はこれ越えてるから、アルスノー現象以上のもんができる。

蛇足。おかゆのテーマ曲(素肌に革ジャン)

蛇足2。コニーアイランドには遊園地がある。

#amber
#んoon
#chant
#飯伏幸太
#G1
#横浜文化体育館
#新日本プロレス
#テーマ曲

出演:おかゆ

過去のご機嫌ダンシング

Play

かずんずBAR #052

ゲスト:加藤悠貴(ミュージシャン)

『音とその届け方のおはなし その1』

バンドUQiYOの加藤悠貴さんの、「音」の探求のお話。
1回目はアメリカでの生活から早稲田大学での研究、AM放送の可能性、Fostexでのお話など。

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

イライラ案件を菊地さんに相談してみた〜DJ yuka☆のラッキートゥナイト#643

案件1:郵便番号を記さない輩について
案件2:LINE電話の品質

出演:DJ yuka☆(足立区出身)
ゲスト:菊地貴公(仙台の映像ディレクター)

1つ前の回:#642 菊地さん!押しの強い人をかわす方法を教えてほしい

Podcastで聞く

Play

おかゆのご機嫌ダンシング#049〜おかゆとピーター【思考編】

もしもオイラが偉くなったら
◯◯しない奴とはつきあいたくない
たとえそいつが古い友達でも
◯◯しない奴とはつきあいたくない
オイラが昔世話になった奴でも
いくらいい奴でもつきあいたくない

そこまでじゃないけど、アレやってほしいよ。もしもオイラが偉くなったら。

ワークがついてる本は、手軽にいま一番大切にしていることを明確にできて便利。
ピーターありがとう!

あと、本を読みながらおしゃべりしたのにパパ・ピーターがエルザ先生とやりとりしたのは、小4のときなのか小5のときか判然としなくなっている。エルザ先生、その時、ピーターは一体何年生だったんですか……。

 

出演:おかゆ

過去のご機嫌ダンシング

Play

かずんずBAR #051

『小林麻子さんと役者のおはなし その3』

小林麻子さんと役者のお話の3回目。「台詞から自由になる」とは? 小鳥女房、東京乾電池、岡部尚さん、きたろうさん、寺尾聰さん、石橋蓮司さんとのお話、そして、合ったことのないお父さんのお話。

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

かずんずBAR #050

『小林麻子さんと役者のおはなし その2』

小林麻子さんの役者になるまでのお話や、小林さんの見た役者の世界の裏話、役者として生きていくということ、肥土山農村歌舞伎についてなど。

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

菊地さん!押しの強い人をかわす方法を教えてほしい〜DJ yuka☆のラッキートゥナイト#642

yukaはビビデバビデブーじゃないから、と言ってごまかしてるけど…

菊地「自分の価値観を決めるのは自分でしかない」

出演:DJ yuka☆(足立区出身)
ゲスト:菊地貴公(仙台の映像ディレクター)

1つ前の回:#641 BUBBLE20周年記念の生配信イベントのお話

Podcastで聞く

Play

かずんずBAR #049

ゲスト:小林麻子(俳優)
『小林麻子さんと役者のおはなし その1』

小林麻子さんの関わった数々の映画、舞台、CM等の裏話。マシュマロウェーブ、市川準監督、深夜食堂、目黒シネマ、戯曲 小鳥女房についてなど。

※会話中の「小出かずひろさん」は、「小出裕一さん」の間違いでした。訂正してお詫び申し上げます。 また、ドラマ「ふぞろいの林檎たち」は、パートⅣまで全編 山田太一さん脚本でした。

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

BUBBLE20周年記念の生配信イベントのお話〜DJ yuka☆のラッキートゥナイト#641

菊地:11月23日にBUBBLE20周年の10時間生配信をやるんですよ!
yuka☆:それ、10年前の私のマネ?

あのバンドもこのバンドも登場予定!
20年前に東北放送でやっていた「ゾ!!!!!!!!!!」、「バリ3000」の名場面集も配信するかもしれない?

すべての情報は、こちらまで。
「BUBBLE20周年記念サイト」
https://20th-bubble.jp

出演:DJ yuka☆(足立区出身)
ゲスト:菊地貴公(仙台の映像ディレクター)

1つ前の回:#640「フガフガ闘病記」のお話

Podcastで聞く

Play

おかゆのご機嫌ダンシング#048〜題名 『万引き家族』を観て

実はお喋りする前に樋口さんとプレAfter Hours でわーって喋っていい忘れたから書く。

一瞬でも幸福な共同体を経験できたなら、なにが来ても人は生きていけると思う。
だから、あの映画を観て思ったのは、楽しい今が続くと思っても、そんなのすぐに終わるかもよ。人生は頑丈で儚い。だから、今を生きよう。今が最高なら、これからなにが来てもやってける。
嫌なら改善。カイゼン。
大人のついてるとこは、嫌なことから速攻で逃げられること。圧倒的な不幸がみえたなら、他に行ってもいいんじゃないかな。大人なんだもん。

物語の途中で、別れた男の家族に会うシーンが忘れられません。樹木希林さんのご冥福をお祈りします。

参考資料
2018年、冬、明るめのファンデーションに変えたくなる…!
(あー!この動画、アッシェンバッハが美魔女になってからの画がないー!!)

明るめのファンデーションに変えたくなるか否か、ご自身で映画を見て確認してみてくださいませ。

美魔女美魔女って、それこんな感じだよ。と若さ追求の禍々しさを体を張って見せつけてくれる、ダーク・ボガードに感謝。

出演:おかゆ

過去のご機嫌ダンシング

Play

「フガフガ闘病記」のお話〜DJ yuka☆のラッキートゥナイト#640

オシャレは抗がん剤より効くクスリ?

仙台のディレクター菊地さんが10/5に出版したオシャレすぎる奥様の闘病記!

デザインを担当した畠山香織さんをおむかえしてトークします!

出演:DJ yuka☆(足立区出身)
ゲスト:菊地貴公(仙台の映像ディレクター)、畠山香織(デザイナー)

フガフガ闘病記 オシャレは抗がん剤より効くクスリ? 単行本 – 2018/10/5
菊地 貴公 (著)

一つ前の回を聞く

Podcastで聞く

Play

ゾゾ様!月には着陸しないで回るだけなの?〜DJ yuka☆のラッキートゥナイト#639

ゾゾタウンの前澤社長が民間人で世界初となる月旅行を計画している件

ユカ:着陸してZOZOの旗を立てないのであれば月へ行ったことにはならない
菊地:月の裏側を見るより自分の家の裏側をみる方がいい

出演:DJ yuka☆(足立区出身)、ゲスト:菊地貴公さん(仙台の映像ディレクター)

一つ前の回を聞く

Podcastで聞く

Play

かずんずBAR #048

ゲスト:植田真梨恵(シンガーソングライター)

『植田真梨恵さんの今日のおはなし』

メジャーデビューから今日まで、ライブの裏話や「優しさ」についてなど!

パーソナリティ : カトウカズヤ

録音 : ヒグチヨシアキ

Play

おかゆのご機嫌ダンシング#047〜♩大都会に〜(スラムダンクを読んだ続編)

僕はもう一人で〜
投げ捨てられた〜
あきかん〜の〜

(全部歌える…!!あと「幾千の夜を〜」って3年以上かかるから、相当な想いだよね。世紀末を感じる。)

スラムダンク読んだ、の後編。
今年は一皮むけたよ。
自分時間でまた若返って生まれ変わった!!!年取るのやめたけど、また子どもに戻ってリスタート。

人生やなことは山ほどあるし、いまその真っ只中の人もいると思うけど、とにかく戦え!!!みんな無理しない範囲内でがんばろう。
わたしもまたがんばる。
それにしても、年取って強くなったなぁ。面の皮が厚くなったんじゃなくて、年輪が増えたんだと思いたい。

あと、出典は忘れましたが、おじいちゃんが囲碁教室に行きたがらない場合は認知症が始まっている可能性もあるそうなので、そちらも気にされた方がいいようです。

出演:おかゆ

過去のご機嫌ダンシング

Play

おかゆのご機嫌ダンシング#046〜体重についてのオカユ・レポート

おかゆ、いままであった体格のいい人たちの話をします。「デブがきらい」とか「デブだから〜」と酷評しているあなた。悪く言ってるひとの何をみてきたの?おかゆ、居ても立っても居られなくなった!

あのな、身体の大きなひとの全部が全部、動きが遅くておやつ食べてゴロゴロしてるんじゃないんだよ!!!

あと、デブデブってネタにして言うなら、お相撲さんとか柔道家を相手に言うべきじゃないかしら。絶対自分に火の粉がかからない、ちょっと鼻に付くひとを相手に言う言葉ではない。
体型で仕事の良し悪し左右されないもん。

参考資料

 

出演:おかゆ

過去のご機嫌ダンシング

Play

かずんずBAR #047

ゲスト:植田真梨恵(シンガーソングライター)

『植田真梨恵さんの大阪でのおはなし』

中学を卒業して大阪でひとり暮らしを始めた植田真梨恵さんの大阪での日々…アルバイト、ライブ、曲作り、レコーディング、恋愛などをお話ししています!

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play

おかゆのご機嫌ダンシング#045〜ライディーンダンスを学校で踊っていましたか?

レイブパーティに複数人数はいらない。ひとりで楽しむエコでロハスなライディーンパーティ。

他校の人も踊ってた、ライディーン。

ステップは同じ、我が母校はけん玉なし。けん玉があるとレイブパーティは難しいだろうなぁ。踊って楽しくなさそうだから、ちょっと可哀想。

この曲を歌いたい、このリフを弾いてみたい、があるなら、この曲で踊りたいがあっていい(♪孤独な夜があっていい〜のメロディで)。

あと、

これ、はじめてのチュウだ!!

90年代楽しかったよ。
わたしもセンスのいい大人になるよう、精進します。

出演:おかゆ

過去のご機嫌ダンシング

Play

霜田明寛のラブ・ヴァイブス♯077【オトナ童貞が渋谷アトムに行ってみた】

オトナ童貞・小峰が渋谷のクラブ『ATOM TOKYO(アトムトーキョー)』にあろうことかひとりで潜入!ナンパの巣窟で「中学校の教室に戻った気分」だったという小峰が気づいたこととは!?

出演:霜田明寛(文化系マガジン・チェリー編集長/32歳)
小峰克彦(Tokyo graffti編集者・チェリーライター/26歳)

Play

かずんずBAR #046

ゲスト:植田真梨恵(シンガーソングライター)

『植田真梨恵さんのライブのおはなし』

7月30日に行われた植田真梨恵さんのインディーズデビュー10周年を記念したライブを振り返ります。撮影を担当したカトウとの裏話も!

パーソナリティ : カトウカズヤ
録音 : ヒグチヨシアキ

Play